オススメリンク

横浜で保育の求人をお探しならこちらのサイトがおすすめ。派遣から正職員まであなたに合った働き方が選べますよ。
最新の求人情報が多数掲載されている保育士専門の求人サイトを覗いてみませんか?保育に関する情報も紹介されているのでおすすめです。
就職率の高さが特徴です!幼稚園教諭を目指すならこちらの大学に通いませんか?資格を取得できるので、保育士としてのデビューも確実ですよ!

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jul    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
子どもの作品

この前私の友人が、幼稚園の先生と保育園の先生、それぞれに就職が決まりました。
いったい何がどう違うの、2人で仲良く同じところに就職すればよかったじゃない?と言ってしまったのですが、よく聞くとそれぞれの園で仕事も求人内容も微妙に違うことがわかりました。
まず幼稚園の先生ですが、正式には保育士とは言わず幼稚園教諭と言うそうです。

この免許も幼稚園教諭第一種と第二種とあり、簡単にいうと保育士というより、学校の先生をイメージした免許だそうです。
その為学校によっては法律を勉強したり、過去の幼児教育者の論文をしっかり学んだりと、勉強内容はなかなか難しいようです。

お金

一方の保育園で働く保育士ですが、保育士資格を取る為に専門学校や通信教育などで学びます。
幼稚園との大きな違いは、乳児を保育すること、つまり赤ちゃんも預かることなので、乳児保育や離乳食についてしっかり学びます。
幼稚園の先生になるためにはピアノが弾けないと単位が取れないのですが、保育士になるためにはピアノより保健や食事栄養学に詳しくないといけないのです。

この2つの仕事で大きな違いは、求人の数です。
働く母親が増えて預け先がないと問題になってる現在、保育士の求人は介護福祉士と同じように膨れ上がっています。
一方幼稚園のほうは少子化でどんどん保育園に預ける親も増えていることから閉園する園も多く、求人は少なくなっているようです。
いずれにせよ子供をサポートする大事な仕事、頑張ってもらいたいですね。

子ども

日本国内では、幼稚園教諭や保育士の仕事について興味を持っている人が大勢いるといわれており、現在では様々なところで求人を閲覧することができるようになってきました。
とりわけ、しっかりとした勤務条件が整っている就業先を見極めるにあたっては、ある程度のテクニックが必要となることから、日常的に情報収集に取り組むことが良いとされています。
ここ数年の幼稚園教諭や保育士の求人は、インターネット上の転職情報サイトに掲載されることが増えているために、自分の好きなタイミングを見計らって転職活動に挑戦をすることができます。
このようなサイトを利用することによって、理想的な勤務条件についてしっかりと検索をすることができるため、もしも本格的に転職活動を進めるにあたっては、給料や休日にこだわることが良いとされています。

日本全国では、幼稚園教諭や保育士の人材を必要としている施設が増えていることもあり、長くにわたって働き続けることができるところを見つけることができます。
インターネットユーザーの間では、幼稚園教諭や保育士の求人の選び方についての情報交換が行われているために、自分にとって有意義な情報を適宜仕入れることが望まれています。
将来的にも、幼稚園教諭や保育士の求人に対するニーズが高まってゆくことが見込まれており、転職情報サイトのシステムをしっかりと使いこなしながら、就業先の選定をすることが大きなテーマとなっています。